最近人気の出てきたデザイナーズ住宅についてわかりやすく解説するサイト『憧れのデザイナーズ住宅』

●●●特徴●●●

【メリット】

デザイナーズ住宅を購入する一番のメリットは、高いデザイン性を備えつつ自分の
ライフスタイルに合わせた住宅を建てる事が可能なところです。
それまでの日本の住宅は、分譲住宅などのように似たような住宅の量産が多かったのですが、
近年ではライフスタイルや価値観の多様化により、自分だけのオリジナリティのある住宅の
購入を希望する人が増えています。
デザイナーズ住宅は建築家と依頼者の双方が納得するまで話し合いを行い、独自の
建築計画を立てる為、工務店やハウスメーカーに建築を依頼した場合には実現する事が
不可能な要望や依頼者のこだわりも実現する事が可能です。
デザイナーズ住宅はプロの建築家に設計を依頼する為、工務店やハウスメーカーなどで

販売している既製の住宅では対応出来なかった、敷地の面積や周辺環境、予算等の
依頼者の厳しい要望に対しても、建築家から斬新な解決策を提案される事により問題が

解決する場合があります。

【デメリット】

デザイナーズ住宅の購入には当然ですがデメリットもあります。
デザイナーズ住宅は建物のデザイン性を重要視するあまり、生活のしやすさ、居住性を
損なってしまう可能性があります。
また、建材や内装に使用されている素材が一般のとは違う場合、メンテナンスの費用が
通常よりも高額になりやすく、手入れの手間が多くなる事もあります。
デザイナーズ住宅の設計を建築家に依頼した後、建築家から自分の好みと合わない
デザインや建築家自身のこだわりを押し付けられる事もあり、自分の要望が建築家に
受け入れられない可能性もあります。
デザイナーズ住宅の購入はハウスメーカーや工務店に建築を依頼した場合と比べて
建築にかかるコストが高くなると一般的には思われていますが、建築家は依頼者の
予算の範囲内でデザイン的にも満足出来るような建築計画を立てる為、予算に関しては
それほど心配する必要はありません。